宗谷の歴史(第5~6次南極観測)

「宗谷」の活躍は実は「南極観測船」だけじゃないって知ってました?

ここでは「南極観測船」として活躍した時期を中心に、長きにわたる「宗谷」の感動の歴史を

ご紹介いたします。

第5~6次南極観測

 第5次南極観測は、明田船長以下94名の乗組員と村山隊長以下36名の観測隊員を乗せて昭和35年(1960) 11月12日東京を出発、翌昭和36年(1961)5月4日無事東京に帰ってきました。ヘリコプターによる輸送実績は昨年に近い121トン、村山越冬隊長以下16名の越冬隊員も送り届けました。

 ついに、"宗谷"最後の南極観測となった第6次観測は、昭和36年(1961) 10月30日、明田船長以下96名の乗組員と吉川虎雄(よしかわとらお)隊長以下18名の観測隊員を乗せて東京を出発しました。第6次は主に、昭和基地の閉鎖に伴う撤収作業でした。昭和37年(1962)2月16日南極を出発、この日をもって"宗谷"は思い出深い南極に別れを告げることになったのです。そして、昭和37年(1962)4月17日東京日の出桟橋に帰港、6回に及んだ南極観測船の役目を無事に終了したのでした。