「小さな大コレクション~1/1250統一縮尺模型展~」開催中です

 日本では船舶模型の縮尺というと、プラモデルで用いられる1/700が一般的ですが、欧米では1/1250が国際標準(インターナショナルスケール)として定着しています。

 船の科学館では現在355点の1/1250模型を収蔵しており、いろいろな船を同じ縮尺で比較できる貴重なコレクションとなっています。今回はこの中から約70点を選んで展示いたしました。

 また、月替わりで特集コーナーを設け、毎月様々なテーマに沿った展示を行います。

 普段馴染みの少ない「船」にはどんな形や種類、役割があり、わたし達の暮らしとどんな関係があるのかを紹介していますので、この機会に是非ご覧ください。

 

 

1. 展示場所

       船の科学館 別館展示場内

 

 

2. 展示概要

   ・展示資料:1/1250統一縮尺洋上模型

   ・展示資料数:約70点